いぼ治療のポイント【納得が行くまで相談をすることが大事】

適した治療法で治す

鏡を見る女性

いぼの治療を行っていくことで、とても大きなメリットがあります。どんな方法を選択するのかは、事前に情報を集めておくことがとても大事です。いぼの治療方法は多様化しているので適切な方法やクリニックを選択することが重要です。

詳しく見る

どんな方法があるのか

カウンセリング

いぼはウイルス性と加齢性があり、保険適用か適用外の治療方法があります。一般的な皮膚科では保険適用の治療になり、再発を防ぐ様に完全に取り除く反面治りは遅いです。適用外はクリニックでレーザー治療となり、治りも仕上がりも良いですが費用は高いです。

詳しく見る

メリットを知ることで

医者

いぼの治療をきちんとするのであれば、クリニックを適切に選択することが大事です。現在では、とても多くのクリニックがあるということから評判などを調べて適切な治療方法を選択するということが大切なポイントとなっています。

詳しく見る

カウンセリングから始まる

カウンセリング

いぼの治療は専門的なクリニックに申し込みます。いきなりクリニックを訪れてその日のうちに施術ができるわけではありません。カウンセリングを受けてから施術日を決めます。また、初めての人はこのカウンセリングでじっくりと不安点を解消しましょう。

詳しく見る

種類や特徴を知っておこう

医者と看護師

ウイルスや加齢などが原因

日焼けを防ぐためにUV対策をしたり、丁寧なスキンケアを心掛けたりしていても、顔や首、胸元などにいぼが出来てしまうこともあります。複数できていたり、大きい形状の場合は見た目の印象が悪いため、皮膚科や美容皮膚科を受診して治療を受けたい人が増えています。いぼには種類があるため、基本的な知識を持っておくことが大事です。ウィルスの感染が原因できるタイプは、自分でハサミなどで切ってしまうと、健康な皮膚に出来てしまうことがあります。老人性いぼは脂漏性角化症とも呼ばれていますが、ウィルスが原因とは違い、加齢や紫外線、衣類やアクセサリー類などの摩擦が原因です。ウイルスが原因ではないため、他の人に感染する心配はありません。お子様の場合はプールなどに行くと、水イボに感染することがあります。通常よりも柔らかくイボが破けてしまうと、他の皮膚に感染してしまいます。自分では診断が付きにくいため、皮膚科や美容皮膚科を受診して視診や検査を受けると診断が付くことが多いです。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、液体窒素による除去やレーザー治療なども提案してくれるので、最適な方法を選ぶことが大事です。なるべく出血や痛みを抑えたい場合はレーザー治療がお勧めです。いぼは加齢が原因の場合と、ウィルスが原因の場合もありますが、専門クリニックでは最適な方法を提案してくれます。液体窒素による除去は保険適用が受けられるため、費用を抑えた治療が可能ですが、数が多い場合は治療期間が長引く場合もあります。なるべく傷跡を目立たなくしたり、出血や痛みを抑えたい場合はレーザー治療がお勧めです。液体窒素の治療に比べると痛みが少なく、体に負担が少ないのが特徴になっており、仕上がりもきれいなのが魅力です。現代はレーザー治療が主流になっていますが、レーザーが照射できない部分や、直径が5mm以上の大きさの場合は電気メスによる手術を勧められることもあります。一人一人の皮膚の状態によっても、最適な方法が違ってくるため、じっくりと時間を掛けて検討することが大事です。信頼できるクリニックを選ぶと、費用の面でも相談しやすく、クレジットカードの後払いが利用できます。30代後半から、40代ぐらいの年齢になると、老人性のいぼで悩んでいる人が多く、足の裏や掌などに出来ることもあります。体の部位によっても最適な方法が違ってくるため、納得が行くまで相談をすることが大事です。現代は大変ポピュラーな方法なので、幅広い年代が通院をしています。

Copyright© 2018 いぼ治療のポイント【納得が行くまで相談をすることが大事】 All Rights Reserved.